守備力か打力か。巨人の正捕手争いが混迷を極めてきた。

26日、ベテランの阿部慎之助捕手が中日との練習試合に「9番捕手」で先発出場。3年ぶりの捕手復帰戦で三回まで山口を巧みにリードし、持ち味の打撃でも左前打を放った。

今キャンプでは背中の張りで別メニュー調整を行ったこともあったが、この日はショートバウンドなども処理し、復帰戦としてはまずまず。原監督は「非常にはつらつと動いていましたので、そういう点では私のなかでは非常に良かったです」と評価した。

一方で、途中出場の小林にはゲキを飛ばした。同点の九回、無死満塁の絶好機で初球を打って三ゴロ。適時失策でサヨナラとなったが、併殺コースでチャンスがしぼんでいてもおかしくない打球だった。

公式戦であれば、ゾッとする一打。指揮官は「あのノーアウト満塁で、サードゴロというね。いっちゃいけないところに。しかも初球で。このへんというのはやっぱり小林自身は反省しないといけないところですね。そういう部分も悪い事が起きたとしても、良薬に変えるということはとても大事なことですね」と、メッセージを送った。

原監督は就任して「最初の願い」としてFAで炭谷を獲得。「若い小林、大城、宇佐見、いいキャッチャーはいますが日本一を狙うには時期尚早」と、炭谷を正捕手候補として挙げていた。ただ、打力に乏しい小林には球界屈指の肩があり、24日の日本ハム戦で逆転3ランを放った大城には非凡な打撃がある。阿部は年齢面を考えてコンスタントに出場することは難しくても、その存在感はやはり頼もしい。

原監督は基本的に正捕手を固定させる方針だが、1軍の3枠に誰が入るかも読めない状況だ。キャンプ前に「若い選手がキャリアを持った選手に挑めるよう、後押ししたい」と語っていた通り、チーム力アップへ、狙い通りの展開となってきた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00000120-dal-base

野球ファンの反応

・いくら捕手でも最低限の打撃は期待したいよな。

例えば、今日だったら叩きつけてのゴロか外野フライとかな。

正直小林はあんまり考えずにバッティングしてる感じがする。

・小林が炭谷くらいの打撃であれば阿部は引退を意識したような気がしないでもないけど、、原監督のコメントが物語っている通りの小林の打撃が今の混沌とした捕手事情を演出していることは間違いない。

・小林の打力はもうこれ以上は良くするのは難しい気がする。炭谷は打撃は小林と同等、守備面は少し劣る。阿部は正捕手としてはキツい。大城がしっかり守れれば1番良いんだけど、そう簡単にはいかない。

・今のところは大城が1つ抜けているような気はするけど、実際に判断するのは首脳陣だしなぁ。原監督のゆー実力主義も今のところ大城は見せていると思うんだけどなぁ。

・小林に必要なのはストライクを捨てる勇気。

ストライク2球見送ってもアウトにはならないんだから、わざわざ難しいボールに手を出す必要はない。

それが出来れば打率は.240くらいら簡単に行くんだけどね。

・言いたくなる気持ちはよく分かります。ただ明らかに小林アンチって方々、当然のように小林の記事に出没されるけど見ないほうがいいと思うけどなあ。応援してるファンのコメントも嫌だろうし 、そんな人の記事に読んでコメントなんて時間の無駄だと思いますが。自分は気分悪くなるから見たくもないタイプなので理解できない。

・小林は若くない!社会人からのプロ入りだし、中堅ではあるだろう。
まだ任せられない…
それはしっかりと育ててないと言うことではないか??コーチの役割とはなんでしょうか
やはり上手く育てられる土壌をまず踏み固めてはどうだろうか。いい選手多いだけにもったいない

・どのキャッチャーを選んでも
そこまで秀でている人材はいない
それこそ固定せずに相性のいいピッチャーと組ませるのが一番いいのでは?

・捕手はやっぱり小林、大城、炭谷で阿部は代打かな?リードとかはうまいかもしれないが肩がね…
他球団も阿部が代打で控えてる方が嫌だと思うしね。

・ああいった場面での小林はやはり見ていてもファンでも頼りないなーと思っていましたが案の定エラーだったが一番よくないパターン。
もうあのようなパターンは何回も見てきたような気がします。
だけれど守備、肩に関しては文句のつけようがないがもうちょっと彼なりに考えて打たないと。

・結局小林に何を求めるのかによって変わると思う
多くを求め過ぎだと感じる
阿部だって最初は守備が物凄くお粗末だったはず
努力したからこそ今があるだろうけど、それは別に当たり前でも普通でもない
打って守って走って刺せて勝たせる捕手なんか球史上でもあまりいない

・阿部は継続出場は無理、炭谷は相川と似ていて外角中心のリードで積極的でない、小林は打席で覇気が感じられない。いずれも決め手がないから併用するしかないかも。

・良く言えば正捕手争い。
でも、実のところは、正捕手がいない、不安な状態。
レギュラーポジションの競争は戦力アップで望ましいと思うが、
こと捕手に関してはどうなんだろう。
3連戦で相手チームの打者の現在の調子と過去データ、アウトカウント、ランナーなどを勘案して配球を考えたり、
投手との相性などいろいろあるから、固定の方がいいような感じがするけどねえ。

・能力だけだったら阿部を使いたいでしょうが、年齢的にもそうはいかない。
だからここ数年小林に正捕手を任せたが残念ながらチームを勝たせる捕手
にはなれていない。
巨人というチームを考えると小林に物足りなさを感じるのは仕方ないこと。
キャンプも終わっていないが阿部の捕手復帰や炭谷を獲得した理由が
浮き彫りになっているからある意味原監督の見る目がすごいなということが
分かります、

・阿部は打力はあってもスタメン捕手では身体が持たない。あくまで第3捕手と代打が主戦場。

・ノーアウト満塁、1点取ればサヨナラの場面で初球を簡単にサードゴロでは話にならない。今後同じ場面になったらバット持たないで打席に入ってほしい。シーズン中なら代打送られると思うけどね。原監督は炭谷の会見の時に若い小林と言ってたけど今年で30になる。正直言ってこれ以上の伸び代は無いと思う。大城や岸田といった20代の捕手を使ってほしい。若い捕手に経験を積ませてることが重要。

・小林は守備面に関しては成長が見られるが、打撃に関してはほとんど進歩がない。
捕手なんだから、相手バッテリーの配球を推測して打撃に生かすべきなのに、それも皆無。
守備とリードを重視するなら、このまま小林でいいと思うが、守備・リードをある程度捨てて打撃に力を入れるなら、阿部・大城・炭谷の三人で相手チームとの兼ね合いや投手との相性で組ませて、出場させたらいいと思う。

・キャッチャー阿部はあくまでオプション的なもの。ただ急場しのぎにはレベルの高いオプションだと思う。衰えたとはいえ打力はまだまだ通用する。控え捕手と代打の切り札を兼務できるのは大きい。

・一打サヨナラの場面で初級の低め外よりの球を引っ掛けてサードゴロゲッツーコース。
何も考えてないと言われてもしかたないかな。
ましてやキャッチャー、それなりにやってきて一応経験はあるのに。例えば犠牲フライでもokなら
自分は高めか低めか外か内か真っ直ぐか変化球かどれが一番上げやすいのか、それぐらいの事は自己分析として把握しとくべきと思うけど。何事も100%なんて無いけどそもそも小林の中に確率を掴もうとする意図が見えないし。

・正当な評価だろ。
一点をもぎ取る野球をする原からしたら今日の小林はダメ。
まだ序盤だから考えて打席にたってほしい。

おすすめの記事