マイナーからの招待選手としてアリゾナ州ピオリアでのマリナーズのキャンプに参加しているイチロー外野手(45)が22日(日本時間23日)、オープン戦のアスレチックス戦に「7番・左翼」で先発し、3回2死満塁の2打席目に右前2点適時打を放った。

先発に名前をコールされた際から、他の選手とは比べものにならないような大きな声援が場内から沸いたイチロー。昨年4月22日のレンジャーズ戦(アーリントン)以来306日ぶりの安打にも場内は沸き上がった。だが、直球に詰まらされてのライト前への当たりにイチローは「あのヒットではちょっと恥ずかしい。恥ずかしいというかきれいな方がいいけどね。(ファンの)気持ちはうれしいですね」と話した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00000065-sph-base

 

ネットの声
生けるレジェンド、45歳のイチローに対して野球ファンは・・・

さすが、ファンにめっちゃ愛されてるなぁ。

日米通算27年、3,602試合
13,548打数4,367安打235本塁打1,309打点708盗塁、打率0.322
一発殿堂入りクラスの選手がフロント入り後もチーム練習&自主練継続して翌年に現役復帰にチャレンジするって、もう二度とないよ。
イチロー選手にどこまで驚かされるのか楽しみですわ^^

45歳!凄いですよね! 現役生活が長くできる要因は、やはり子供さんがいないために、好きな野球に集中できる?奥さんの弓子さんも凄い内助の功ですね!50歳現役まで応援ですよ!

それでも謙虚なイチローは、やはり世界のスター。

イチローのヒットがニュースになる時がくるとは思っていなかった。

ただただすごいな…40〜50試合、100打席くらいはシーズンで観たいし、全然出来ると思う。

ストイックでプロフェッショナル。でも自分で感じる投手のボールとスイングスピードの現実感覚が狂い始めているのかなー。彼がホームラン打つ時のように完全い狙い球をいつも絞って、打率2割5分、ホームラン狙って3試合に1本でいいね。

実戦から1年離れた45歳が現役のメジャー投手から打つって異常だろ。

クリーンヒットじゃなかったのは残念だが、これだけ実戦から遠ざかってたにも関わらず、ひとまずは結果を出したのはさすが。

昨年はマリナーズに騙されて、シーズン途中で試合に出れなくなったイチローですが、今年は公式戦で結果を残してほしい。

なんだかんだでメジャーにフル帯同しちゃいそう。。。
まだまだ安打記録伸ばして欲しい!

営業的にも客を呼ぶ選手だから、
打てるならこれからも使ってほしい。

凄いなあ!超絶!超人!
コンディション維持だけでも大変だろうに。凄い。

45歳か….
凄いとしかいいようがない

めっちゃ嬉しい!この姿をまだ見れることが幸せで仕方ない、、感慨深い、、
去年の5月以来の初打席。早く動画ニュース見たい!

やはりヒットを打つと、気分が違いますね。打者はそう思いますが、投手目線だと「打ち取ったのに、ヒットかぁ」と、精神的ダメージが大きいですね。

もしかしたら日本での開幕戦出場を花道に引退するかもしれないが同年代の誇りです。1日でも多く現役を続けて欲しいと思います

バット折れたんじゃね?
でも、昨日の死球もさることながら、一年近く実践から離れている上、2アウト満塁の場面で無理やりにでもヒットにしちまうんだから、すげえよ。
この時期に実力を見せつけて欲しい!

まだまだこれからも夢を見せてほしい!

以前にテレビのドキュメントで見て、イチローは、食事、トレーニング、ストレッチ全てにおいての徹底した管理は、凄いのをさらに通り越している人なんだと度肝を抜かれました。このような選手は、今の日本プロ野球にはいないと思う。
体脂肪率1ケタ台、股関節の柔らかさ、身体の身のこなし、45歳とは思えないです。
身体の関節に負担が来るという事で筋肉つけて身体を大きくするのに対し意に反していて、イチロー自身もプロ野球2年目に筋肉つけすぎてスピードが落ちて苦戦した経験から野球に必要な柔軟性のある筋肉をつけるためのトレーニングをするようになったらしいとの事。

普通じゃあり得ないキャリアを進んでいる。

おすすめの記事